介護業界を中心とした特定技能フィリピン人スタッフ採用支援

電話でのお問い合わせ
TEL.053-597-3031

介護業界を特定技能で支援。株式会社ミサワエージェンシー

介護を中心とした 特定技能によるフィリピン人スタッフ採用支援フルサービス

特定技能による
質の高い優秀なフィリピン人スタッフの採用支援サービスは
ミサワエージェンシー × フィルワールド リクルートメント エージェンシー社
採用から受け入れ支援までをフルサポート

日本は少子高齢化が急速に進んでいる状況で今後、何十年も介護業界を中心に深刻な人手不足になります

■募集をかけているが集まらない


■どこに相談すればよいのか分からない
■特定技能による外国人の採用を検討したいけれど
 今まで外国人を採用したことがないから受入れが不安


■外国人を雇用した後のフォローが心配

ミサワエージェンシー×フィルワールド リクルートメント エージェンシー社にお任せください!

世界で活躍できる高いホスピタリティのフィリピン人スタッフ

現在、多くのフィリピン人スタッフが世界中で海外労働者として働いています。
医療介護分野を始め、ホテルから家政婦まで、「人」との交わりにおいて、高いホスピタリティを発揮しています。
家 族 第 一   陽気で社交的
フィリピン人は何と言っても家族第一。昭和初期を思わせる大家族の中で、お互いに支え合って暮らしています。
この国では子供も老人も、家族全体で面倒を見ていくことが当たり前。汚いとか、面倒臭いとか、日本人であれば嫌がるようなことも、彼らにとっては「当然すべきこと」。
家族に対するその思いは他人との関わりの中にも表れています。
  常に陽気、辛いことがあっても、どんな時でも笑顔を絶やさないのがフィリピン流。
フィリピン人を採用された施設様が口を揃えておっしゃるのが「職場が明るくなった」。
その日その日を楽しく生きていく、それが明るい雰囲気を作り、入居者の皆様の笑顔となっていきます。
     
親切で世話好き   温厚で従順
困っている人を見捨てることが出来ないのがフィリピン人。
小さなことしかできなくても、自ら話しかけ、自らできることをして、助けてあげようとします。
日本であればおせっかいと言われるようなことでも、「積極的に」やってあげることがフィリピン人の美徳。
介護現場では、その積極的さが職場の同僚、入居者の皆様から高く評価されています。

  争い事が嫌いなフィリピン人。
現状に不満を述べるのではなく、ありのままを受け入れ、それを楽しもうとするのがフィリピン人。
給与の多寡ではなく、環境を大事にし、周りの人達と仲良く暮らしていくことが彼らの望みです。

特定技能について

「特定技能」とは2019年4月より新たに新設された就労を目的とする新たな在留資格で、一定の技能を有する外国人の受け入れが幅広く可能になりました。
深刻な人手不足の状況に対応するため、即戦力となる特定技能外国人を受け入れる制度です。

特定技能ビザにより、これまでは一部の例外を除いて外国人が働くことができなかった"宿泊""外食"などの分野で外国人が働くことができるようになりました。中でも、介護業での受け入れ予定人数は6万人と他業種よりも多く、介護業界から大きな期待を寄せられています。

勤務期間は最長で5年の就労が可能で、その間に介護福祉士試験に合格すれば在留資格「介護」への変更ができ、永続的な勤務が可能となります。 

【介護人材の受入基準】
1. 日本語能力水準
  国際交流基金日本語基礎テストの合格者
  または、日本語能力試験N4以上の合格者

2. 介護技能評価試験合格者(全45問 60分)
■学科試験  40問
・介護の基本(10問)
・こころとからだのしくみ(6問)
・コミュニケーション技術(4問)
・生活支援技術(20問)
■実技試験  5問
・判断等試験等の形式による実技
・課題を出題

3. 介護日本語評価試験合格者(全15問 30分)
 ・介護の言葉(5問)
 ・介護の会話・声掛け(5問)
 ・介護の文書(5問)
 ※技能実習生3年を終えたものには、自動的に上記条件を満たす
介護人材フィリピン学校介護人材フィリピン学校介護人材フィリピン学校

「特定技能」 と 「技能実習」の違い

◆技能実習制度とは

「技能実習制度」はあくまで「研修」制度
海外の方に日本の進んだ産業技術を身に着けていただき、本国でそのスキルを活用して産業発展に役立てていただくことを目的としています。技能実習は国際貢献を主目的とした”研修”制度です。
技能実習において労働は、スキル獲得の「手段」であって「労働力」ではありません。

◆「特定技能」は「労働力」としての在留資格

「特定技能」は人材不足の産業に即戦力となる労働力を提供するための制度なので、現場の労働を主たる「目的」としています。
つまり、即戦力となる人材を受け入れるための制度で、通算で5年間14業種の職種において就労することが可能です。
  特定技能1号 ※1  技能実習
目  的 労働
※労働力として認められている
外国人の技能習得
※労働力として行われてはならない
在留期間 通算5年 合計で5年
技能実習1号: 1年以内
技能実習2号: 2年以内
技能実習3号: 3年以内
技能、日本語
能力
技能、日本語のテストあり 技能、日本語のテストなし
管理団体 なし あり
支援機関 紹介会社による斡旋、直接採用が可能 送出機関、管理団体を通じて採用
業務内容 14業種(分野)の業務 80職種144作業内容のみ
人数制限 なし(常勤職員の総数と同じ人数まで可) あり(常勤職員の総数に応じた人数)
転  職 同業種であれば可 原則不可
賃  金 日本人と同程度の賃金 最低賃金でも可
コンプライアンス 外国人労働者保護のための整備が
出来ている
2017年技能実習法が施行
違法残業や賃金未払いなどの法令違反が横行し、厚生労働省が監督指導を強化

※1 特定技能には、特定技能1号と特定技能2号の2種類があり、
特定技能1号の修了者が検定試験に合格した場合、特定技能2号に進むことが出来ます。
   特定技能1号 特定技能2号
定  義 特定産業分野に属する相当程度の知識
または経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格
特定産業分野に属する熟練した技能を
要する業務に従事する外国人向けの
在留資格
在留期間 1年、6か月または4か月ごとの更新
通算で上限5年まで
上限なし
技能水準 相当程度の知識または経験 ※試験あり
(技能実習2号を良好に修了した者は試験免除)
熟練した技能 ※試験あり
日本語能力水準 日本語レベルN4 ※試験あり
(技能実習2号を良好に修了した者は試験免除)
業務に必要な日本語能力
家族帯同 基本認められない 可(配偶者、子のみ)
支援対象 ※2 対象 対象外
その他要件 保証金の徴収、違約金契約がないこと
自らが負担する費用がある場合、その内容を理解していること
※2 受け入れ機関、登録支援機関による支援(事前ガイダンス、出入国時の送迎、生活サポート等)


特定技能者採用のメリット

配置後すぐ
人員配置基準に算入できる
  新設から3年間未満でも
導入できる
特定技能で外国人を雇用した場合は、事業所に配置後すぐに人員配置基準に加えることが出来ます。
一方で、技能実習で外国人を雇用した場合は、実習生を事業所に配属してから6か月間は人員配置基準に算入出来ません。
  特定技能においては、新設の事業所でも外国人の雇用が可能です。
一方で、技能実習においては、施設開所後3年間は技能実習生の受け入れが出来ません。
     
初年度から
常勤介護職員数まで採用できる
  法的な制限が少ない
特定技能外国人の受け入れ人数枠は、事業所単位で日本人等の常勤介護職員の総数を超えないこととされます。
技能実習においては、受け入れ人数の制限が大きいので、外国人を採用したとしても、それでも職員が足りないという状況はすぐには解決できない場合があります。
  特手技能においては、雇用上の厳しい規制はありません。仕事内容についても、一度出入国管理庁(入管)の審査が通れば、事業所内のどのような作業をしてもほぼ許されます。
毎月の巡回・監査は不要ですし、3か月に一回の国への報告が
必要なだけとなります。

特定技能者採用に関しての Q & A

特定技能者は転職できるのではないですか?
特定技能者は同一職種であれば転職が可能です。
ただし、自己都合による退職は支援業務の範疇に入らず、転職支援は受けられません。
5年経過後は必ず帰国しなければなりませんか?
以下の場合を除き、帰国することになります。
@ 介護福祉士の国家試験に合格し、介護ビザを取得した場合
A 日本人との結婚により、身分系の在留資格を取得した場合
特定技能者の日本語レベルはどのくらいですか?
もちろん個人差はありますが、特定技能者の資格を取得するために必要な日本語習得レベルは、日本語検定
(JLPT)N4レベルです。これは、日常会話にはあまり支障のないといったところで、コミュニケーション自体には大きな問題はありません。
技能実習生の逃亡がよく話題になりますが、特定技能者は大丈夫ですか?
フィリピン政府の方針により、技能実習生、特定技能者ともに、本人から手続き費用、教育費など一切の費用の
徴収が認められていないため、他国で見られるような、借金を理由とした逃亡例は極めて少ないです。


フィリピン人スタッフ紹介サービスの流れ

ミサワエージェンシーと提携しているフィリピンの送り出し機関「フィルワールド リクルートメントエージェンシー社」が、日本語・技能のトレーニングを終えた質の高い優秀な特定技能資格を取得した人材を豊富に紹介いたします。  alt="特定技能フィリピン人材"
@ 貴社より人材のオーダー(雇用条件・雇用予定人数等)をヒアリングします。 介護特定技能人材募集
A 求人登録手続きをします。
 <貴社によるPOLO東京(大阪)での特定技能者求人認証手続き 【1〜2か月】>
B フィリピンにて人材の募集を行います。
 <POEA(フィリピン海外雇用庁)への求人登録手続き 【1か月】> 
介護特定技能人材募集
C 採用を行います。<面接・面談>
1 教育を終え、日本語試験・技能試験に合格した優秀な質の高い
フィリピン人スタッフをお客様の要望をお聞きしてご紹介します。
2 雇用のミスマッチを防ぐため、フィリピン人スタッフと直接ご面談
(直接現地またはオンライン通話)していただきます。
介護特定技能フィリピン
 
D 日本の入国手続きをします。
 <日本の入国管理局での採用予定者の在留資格認定申請 【1〜2か月】> 
介護特定技能人材
E フィリピンでの手続きをします。
 <フィリピンの日本大使館・領事館で査証(ビザ)申請 【2週間】> 
F フィリピンの出国手続きをします。
 <フィリピン政府関係機関での出国手続き 【1〜1か月半】> 
 
G 出国日の決定をします。<航空券の手配>  介護特定技能人材
H 日本へ入国します。<貴社での就労開始> 


ミサワエージェンシー × フィルワールド リクルートメント エージェンシー社 が選ばれる理由

ミサワエージェンシーとフィルワールド

@ 「特定技能」 フィリピン人スタッフの紹介サービス

フィリピンで教育・訓練された即戦力で質の高いフィリピン人スタッフを紹介いたします。
貴社が希望する雇用条件、雇用人数を責任を持って送り出します。
介護特定技能人材

A 「特定技能」 フィリピン人スタッフの支援フルサポート

在留資格交付手続き・書類作成・申請・出入国・生活・母国語(タガログ語・英語)の相談窓口や
定期面談などフルサポートいたします。
ミサワエージェンシー

B 人材派遣・紹介業での実績

グループ会社であるミサワコーポレーションが人材派遣業、人材紹介業として20年以上に渡る
外国人の採用に関する豊富な実績とノウハウを有しています。
ミサワコーポレーション

C 実績のある行政書士と提携

必要に応じて実績のある行政書士を通した各種書類作成、ビザ申請代行なども対応します。 介護特定技能人材

D 複数のフィリピンの大学と提携

複数のフィリピンの大学との提携により、質の高い人材を豊富にタイムリーに確保
しています。
介護特定技能人材

E 複数の日本語学校と提携

複数の提携している日本語学校での質の高い研修や日本語教育を実施します。
日本で就業するためのスキルを身に着けた優秀なフィリピン人スタッフを責任を持って日本に送り
出します。
介護特定技能人材

F ミサワエージェンシーのフィリピン人スタッフ × 有資格者スタッフがサポート

母国語(タガログ語・英語)を話せるミサワエージェンシーのフィリピン人スタッフが相談窓口となり
サポートします。又、介護の有資格者スタッフからのサポートもします。
介護特定技能人材サポート


ミサワエージェンシーのフルサポートサービス  

「特定技能」において外国人労働者を受け入れる際に、受け入れ企業は法律の定めにより、様々な
支援業務の実施が義務付けられています。この支援業務をミサワエージェンシーに委託することも
可能です。
ミサワエージェンシー
ミサワエージェンシーとフィルワールドがサポート
@ 事前ガイダンス
事前ガイダンス
雇用契約締結後、在留資格認定証明書交付申請前
または在留資格変更許可申請前に、労働条件・活動内容・入国手続・保証金徴収の有無等について、対面・オンライン通話等で説明
D 生活サポート
介護特定技能人材をサポート
★住居を借りる、又は準備などのサポート
★銀行口座の開設、携帯電話や各種ライフラインの
 契約手続のサポート
★住居地・社会保障・税などの公的手続・書類作成
 のサポート
★日本のルールやマナー、公共機関の利用方法や連絡先
 災害時の対応等、生活全般に関するオリエンテーショ
 ンの実施
★日本語教室の入学案内、学習教材の情報提供等
 日本語学習の機会の提供
A 書類申請・出入国サポート
介護特定技能フィリピン人材
★フィリピン人スタッフを受け入れる際の在留資格
 申請や各種書類作成
★入国時、空港等と事業所または住居への送迎
★帰国時、空港の保安検査場まで送迎・同行
B 母国語での相談窓口
介護特定技能人材をサポート
タガログ語・英語を話せるミサワエージェンシーの
スタッフによるフィリピン人スタッフの相談窓口を
設置し、職場や生活上の相談・苦情等に対応
E 日本人との交流促進
介護特定技能人材をサポート
自治会等の地域住民との交流の場や、地域のお祭りなどの行事の案内や参加の補助等
C 転職支援
介護特定技能人材をサポート
★受け入れ側の都合により、雇用契約を解除する
 場合の転職先を探す手伝いや、推薦状の作成
★求職活動を行うための有給休暇の付与や必要な
 行政手続の情報の提供
F 定期面談・行政機関への連絡
特定技能人材定期面談
フィリピン人スタッフ及びその上司等と定期的(3か月に
1回以上)に面談し、フィリピン人スタッフのケアや報告書を作成

支援責任者と支援担当者を配置し、管理や文書の作成・保存を行います

随  時

  • 特定技能雇用契約の変更
  • 支援計画の変更に関する届出
  • 登録支援機関との支援委託契約の締結、変更、終了に関する届出
  • 特定技能外国人の受け入れ困難時の届出
  • 出入国または労働関係法令に関する不正行為等を知った時の届出

定  期

  • 特定技能外国人の受け入れ状況に関する届出 (例:受け入れ総数、氏名等の情報、活動日数、場所、業務内容等)
  • 支援計画の実施状況に関する届出 (例:相談内容・対応結果等)※支援計画の全部の実施を登録支援機関に委託した場合を除く
  • 特定技能外国人の活動状況に関する届出 (例:報酬の支払状況、離職者数、行方不明者数、受け入れに要した費用の額等)


技能実習から特定技能への移行

日本での勤務経験者

技能実習生経験者<2号(3年)を修了して帰国した優秀な人材>を採用することも
可能です。日本での生活経験、日本社会での実務経験があるので安心して雇用いただけます。


お問い合わせ
「特定技能」フィリピン人スタッフのご質問・ご相談は
ミサワエージェンシーへお気軽にお問い合わせください
ミサワエージェンシー
株式会社 ミサワエージェンシー
http://www.misawa-group.co.jp/agency/
〒431-0103 静岡県浜松市西区雄踏一丁目15番7号 ミサワビル1階
053-597-3031  agency@misawa-group.co.jp
<主な事業内容>
■特定技能登録支援業務
■フィルワールド リクルートメント エージェンシー社 日本窓口業務
■海外採用代行事業
■各種広告代理事業
■不動産管理事業